ビデオゲームが、経済的及び文化的観点から重要性を増している世界的状況においては、過少評価され続けているゲームというメディアの最大限の可能性を理解し、引き出すことが重要です。ビデオゲームは、社会的、歴史的、そして政治的な主題を、極めて効果的かつ自然な方法で扱えることを証明してきました。

イタリアビデオゲームプログラム(IVIPRO)は、ビデオゲームが、他のメディアにも匹敵する、驚くべき程の感情に訴える力を有しているという認識から、設立されました。ビデオゲームは、文学や映画に匹敵する水準で、フィクションと現実を混合させるナレーションや物語の媒体となります。ビデオゲームはまた、製作者が想像力を発展させることが出来、プレーヤーが体験することが出来る創造的なツールであり、非常に優れた想像力の装置です。

ビデオゲームは、私達を取り囲む世界を理解するための手段と成り得ます。イタリアは、非常に多くの歴史、建築、そして都市の遺産を有しています。イタリアを舞台にしたビデオゲーム、もしくはイタリアの文化的遺産に重点を置いたビデオゲームの開発により、これらの遺産を振興することが可能となります。